日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • インフォメーション一覧

インフォメーション一覧

2015年04月02日

支払先情報のお知らせ
2015年03月11日

15-001

密な電離放射線は微小環境を介して悪性度の高いTrp53欠損乳腺腫瘍を促進する
2015年03月02日

会員登録の受信確認メールが届かない場合の対応
2015年03月02日

新規ご入会を検討されていらっしゃる方
2012年03月06日

12-001

APRINは細胞周期特異的なBRCA2結合タンパク質でありゲノム安定性に必要とされ、また乳がん化学療法の効果予測因子である
2011年06月23日

11-004

ヒトがんでのタンパク質間相互作用解析(インタラクトーム)によって判明したDNA修復におけるサイクリンD1の機能
2011年06月13日

11-003

MMSETはH4K20メチル化を介して53BP1のDNA損傷部位への集積を調節する
2011年03月31日

10-015

複製ストレス下の染色体複製未完了領域はM期を越えて次のG1期で53BP1が集積し保護される
2011年03月31日

10-016

FRA3B領域の脆弱性は、細胞特異的な複製開始プログラムによって定められている
2011年03月07日

10-014

RNF20依存的なH2Bのユビキチン化による相同組換え修復の制御
2010年12月04日

10-013

癌発生の形質転換における、ポリコームとSWI/SNF複合体との拮抗的な作用機序
2010年11月27日

10-012

ATRによるMLLのリン酸化は、哺乳類におけるS期チェックポイントに重要である
2010年11月18日

10-010

チェックポイントクランプ9-1-1のユビキチン化はRad6-Rad18とDNA損傷と無関係に起こる!
2010年11月18日

10-011

チェックポイントキナーゼRad53によるSld3とDbf4のリン酸化が複製ストレス後のlate origin firingを抑制する
2010年10月02日

10-009

染色分体の非対称な分裂
2010年08月28日

10-008

Rad6 DDT経路は、複製フォークとは独立にS期以外でも機能している
2010年08月26日

10-007

脱SUMO化酵素SENP6は、RPA70の脱SUMO-2/3化を介して相同組換えを抑制する
2010年08月09日

10-005

ヌクレオソームの代謝回転を測定するための新しい実験系の確立
2010年08月09日

10-006

PNKP遺伝子の変異による小頭症とけいれんを呈する新たな遺伝性疾患
2010年08月04日

10-004

モノユビキチン化FANCD2によりリクルートされるヌクレアーゼFAN-1の発見