日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 165件]
  • (17-013)

    グリオーマを促進させるBCL6は治療標的となる

    BCL6 promotes glioma and serves as a therapeutic target

    Xua L, Chena Y, Dutra-Clarke M, Mayakonda A, Hazawa M, Savinoff SE, Doan N, Said JW, Yong WH, Watkins A, Yang H, Ding L, Jiang Y, Tyner JW, Ching J, Kovalik J, Madan V, Chan S, Müschen M, Breunig JJ, Lin D, Koeffler HP

    Proc Natl Acad Sci U S A. 114(15):3981-3986, 2017

    キーワード グリオーマ , ZBTBファミリー , シグナル伝達解析 , 放射線抵抗性 , 分子標的薬
    紹介者 柴田 悠貴  (北海道大学医理工学院応用分子画像科学分野)
      
    更新日 2017/06/02
  • (17-012)

    監視メカニズムが保証する接合子再編成中のDNA損傷修復

    A Surveillance Mechanism Ensures Repair of DNA Lesions during Zygotic Reprogramming

    Sabrina L, Kikuë TK.

    Cell 167:1774-1787, 2016

    キーワード 接合子再編成 , DNA損傷修復 , Chk1 , コヒーシン , 父方ゲノム
    紹介者 塚田 海馬  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2017/06/02
  • (17-011)

    書評:現代人のための放射線生物学

    Contemporary RadioBiology

    小松賢志

    総頁数:350ページ (本体3,500円)、2017年3月21日、京都大学学術出版会

    紹介者 内海 博司  (京都大学名誉教授)
      
    更新日 2017/05/12
  • (17-010)

    TERT 遺伝子プロモーター領域の変異:頭部白癬の放射線治療後に生じた甲状腺腫瘍の遺伝子に刻まれた爪痕の一つ

    TERT promoter mutations: a genetic signature of benign and malignant thyroid tumours occurring in the context of tinea capitis irradiation

    Boaventura P, Batista R, Pestana A, Reis M, Mendes A, Eloy C, Sobrinho-Simões M, Soares P

    Eur. J. Endocrinol. 176(1):49-55, 2017

    キーワード 頭部白癬 , 放射線治療 , 甲状腺腫瘍 , TERT , 変異
    紹介者 多賀 正尊  (公益財団法人放射線影響研究所分子生物科学部)
      
    更新日 2017/04/11
  • (17-009)

    腫瘍随伴マクロファージはインターロイキン6受容体を介したシグナルを通して腫瘍細胞を低酸素の微小環境に対して抵抗性にする

    Tumor associated macrophages provide the survival resistance of tumor cells to hypoxic microenvironmental condition through IL-6receptor-mediated signals

    Jeong SK, Kim JS, Lee CG, Park YS, Kim SD, Yoon SO, Han DH, Lee KY, Jeong MH, Jo WS

    Immunobiology. 222:55-65, 2017

    キーワード Tumor-associated macrophages , Hypoxia , Tumor microenvironment , IL-6R , STAT3
    紹介者 玉利 勇樹  (京都大学原子炉実験所粒子線腫瘍学研究センター)
      
    更新日 2017/04/11
  • (17-008)

    近接する細胞にptpn11活性型変異が生じると、正常型の造血幹細胞であっても白血病幹細胞へと誘導される

    Leukaemogenic effects of Ptpn11 activating mutations in the stem cell microenvironment

    Dong L, Yu W, Zheng H, Loh ML, Bunting ST, Pauly M, Huang G, Zhou M, Broxmeyer HE, Scadden DT, Qu C

    Nature. 539: 304-308, 2016

    キーワード 白血病 , 発がん , 微小環境 , 細胞間相互作用 , 造血
    紹介者 廣内 篤久  (環境科学技術研究所生物影響研究部)
      
    更新日 2017/03/16
  • (17-007)

    LIMタンパク質競合ペプチドによる腫瘍のG2/Mアレスト抑制と放射線増感

    A signature motif in LIM proteins mediates binding to checkpoint proteins and increases tumour radiosensitivity

    Xu X, Fan Z, Liang C, Li L, Wang L, Liang Y, Wu J, Chang S, Yan Z, Lv Z, Fu J, Liu Y, Jin S, Wang T, Hong T, Dong Y, Ding L, Cheng L, Liu R, Fu S, Jiao S, Ye Q

    Nat. Commun. 8: 14059, 2017

    キーワード G2/Mアレスト , 放射線増感 , LIM , FHL1
    紹介者 横田 裕一郎  (量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所放射線生物応用研究部)
      
    更新日 2017/03/16
  • (17-006)

    単一細胞における合成情報の記録と系譜情報のin situ読出し

    Synthetic recording and in situ readout of lineage information in single cells

    Frieda KL, Linton JM, Hormoz S, Choi J, Chow KK, Singer ZS, Budde MW, Elowitz MB, Cai L

    Nature 541: 107-111, 2017

    キーワード in situ readout , single cell , lineage information
    紹介者 神長 輝一  (国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構量子ビーム科学研究部門放射場生体分子科学研究プロジェクト、茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2017/02/20
  • (17-005)

    DNA依存的なメタロプロテアーゼSPRTNによるDNA蛋白質架橋の機構と制御

    Mechanism and Regulation of DNA-Protein Crosslink Repair by the DNA-Dependent Metalloprotease SPRTN

    Stingele J, Bellelli R, Alte F, Hewitt G, Sarek G, Maslen SL, Tsutakawa SE, Borg A, Kjaer S, Tainer JA, Skehel JM, Groll M, Boulton SJ

    Mol. Cell 64:688-703, 2016

    キーワード DNA蛋白質架橋 , DNA修復 , DVC1 , ホルムアルデヒド , 肝細胞がん
    紹介者 有澤 彩也香  (京都大学人間・環境学研究科修士課程、放射線生物研究センター晩発効果部門)
      
    更新日 2017/02/06
  • (17-004)

    ラドンがラット赤色骨髄に及ぼす生物学的線量推定のためのγ-H2AXフォーカスに基づく分析法の確立

    Establishment of gamma-H2AX foci-based assay to determine biological dose of radon to red bone marrow in rats

    Wang J., He L., Fan D., Ding D., Wang X., Gao Y., Zhang X., Li Q., Chen, H

    Sci. Rep. 6: 30018, 2016

    キーワード ラドン , γ-H2AX , DNA損傷 , 赤色骨髄
    紹介者 神﨑 訓枝  (岡山大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2017/02/06