日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 173件]
  • (17-021)

    DNA損傷応答が成体の休止期神経幹細胞の活性化を促進する

    A coordinated DNA damage response promotes adult quiescent neural stem cell activation

    Barazzuol L, Ju L, Jeggo PA.

    PLoS Biol. 15(5): e2001264, 2017

    キーワード DNA損傷応答(DDR) , 神経幹細胞(NSC) , 休眠神経幹細胞(qNSC) , 神経前駆細胞(Ps) , 脳室下帯(SVZ)
    紹介者 土屋 尚代  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2017/12/11
  • (17-020)

    PAFはグリオーマ幹細胞の幹細胞性と放射線抵抗性を促進する

    PAF promotes stemness and radioresistance of glioma stem cells

    Ong DST, Hu B, Ho YW, Sauvé CG, Bristow CA, Wang Q, Multani AS, Chen P, Nezi L, Jiang S, Gorman CE, Monasterio MM, Koul D, Marchesini M, Colla S, Jin EJ, Sulman EP, Spring DJ, Yung WA, Verhaak RGW, Chin L, Wang YA, DePinho RA.

    Proc Natl Acad Sci U S A. 114(43): E9086-9095, 2017

    キーワード DNA translesion synthesis , glioma stem cells , self-renewal
    紹介者 孫 略  (筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センター)
      
    更新日 2017/12/01
  • (17-019)

    小児がんの放射線治療後に生じた髄膜腫における NF2 遺伝子の構造異常

    Therapeutic radiation for childhood cancer drives structural aberrations of NF2 in meningiomas

    Agnihotri S, Suppiah S, Tonge PD, Jalali S, Danesh A, Bruce JP, Mamatjan Y, Klironomos G, Gonen L, Au K, Mansouri S, Karimi S, Sahm F, von Deimling A, Taylor MD, Laperriere NJ, Pugh TJ, Aldape KD, Zadeh G

    Nat. Commun. 8:186, 2017

    キーワード 小児がん , 放射線治療 , 髄膜腫 , NF2 , 遺伝子再配列
    紹介者 多賀 正尊  (公益財団法人放射線影響研究所分子生物科学部)
      
    更新日 2017/11/06
  • (17-018)

    ミスマッチ修復タンパク質は炎症誘発腫瘍形成中にエピジェネティックな変化を開始する

    Mismatch Repair Proteins Initiate Epigenetic Alterations during Inflammation-Driven Tumorigenesis

    Maiuri AR, Peng M, Sriramkumar S, Kamplain CM, DeStefano Shields CE, SearsCL, O'Hagan HM

    Cancer Res., 77: 3467: 2017

    キーワード mismatch repair , MSH2 , hypermthylation , inflammation , epigenetic
    紹介者 神代 紗央理  (茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2017/09/25
  • (17-017)

    放射線抵抗性癌細胞のNF-κB依存的な生存優位性とクローン増殖における細胞間および細胞内メカニズム

    Inter- and intra-cellular mechanism of NF-kB-dependent survival advantage and clanal expansion of radio-resistant cancer cells

    Yu H, Aravindan N, Xu J, Natarajan M

    Cell. Signal. 31, 105-111, 2017

    キーワード NF-κB , フィードバックシグナル伝達 , 乳がん , 腫瘍再発 , Non-targeted effect
    紹介者 長島 明輝  (茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2017/09/25
  • (17-016)

    137Csによる放射線被ばくと汚染レベルを評価するためのマウスモデルを用いたリンパ球の細胞遺伝学的解析

    A mouse model of cytogenetic analysis to evaluate caesium137 radiation dose exposure and contamination level in lymphocytes

    Roch-Lefevre S, Martin-Bodiot C, Gregoire E, Desbree A, Roy L, Barquinero JF.

    Radiat Environ Biophys 55(1):61-70, 2016

    キーワード マウス , 染色体異常 , 低線量(率)被ばく , 137Cs 汚染
    紹介者 藤嶋 洋平  (弘前大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2017/08/31
  • (17-015)

    電離放射線はミトコンドリア呼吸鎖複合体Ⅱ機能不全とスーパーオキシド生成により内皮細胞での長期の老化を誘導する

    Ionizing radiation induces long-term senescence in endothelial cells through mitochondrial respiratory complex II dysfunction and superoxide generation

    Lafargue Audrey, Degorre Charlotte, Corre Isabelle, Alves-Guerra Marie-Clotilde, Gaugler Marie-Hélène, Vallette François, Pecqueur Claire, Paris François

    Free Radic Biol Med. 108: 750-759, 2017.

    キーワード 老化 , ミトコンドリア , 呼吸鎖複合体Ⅱ , スーパーオキシド , p53
    紹介者 神﨑 訓枝  (岡山大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2017/07/31
  • (17-014)

    前立腺がん幹細胞を標的とするα線治療

    Targeting Prostate Cancer Stem Cells with Alpha-Particle Thrapy

    Ceder J and Elgqvist J

    Front Oncol. 6:273, 2017

    キーワード α線 , RI内用療法 , 前立腺がん , がん幹細胞
    紹介者 李 惠子  (千葉大学大学院医学薬学府)
      
    更新日 2017/07/04
  • (17-013)

    グリオーマを促進させるBCL6は治療標的となる

    BCL6 promotes glioma and serves as a therapeutic target

    Xua L, Chena Y, Dutra-Clarke M, Mayakonda A, Hazawa M, Savinoff SE, Doan N, Said JW, Yong WH, Watkins A, Yang H, Ding L, Jiang Y, Tyner JW, Ching J, Kovalik J, Madan V, Chan S, Müschen M, Breunig JJ, Lin D, Koeffler HP

    Proc Natl Acad Sci U S A. 114(15):3981-3986, 2017

    キーワード グリオーマ , ZBTBファミリー , シグナル伝達解析 , 放射線抵抗性 , 分子標的薬
    紹介者 柴田 悠貴  (北海道大学医理工学院応用分子画像科学分野)
      
    更新日 2017/06/02
  • (17-012)

    監視メカニズムが保証する接合子再編成中のDNA損傷修復

    A Surveillance Mechanism Ensures Repair of DNA Lesions during Zygotic Reprogramming

    Sabrina L, Kikuë TK.

    Cell 167:1774-1787, 2016

    キーワード 接合子再編成 , DNA損傷修復 , Chk1 , コヒーシン , 父方ゲノム
    紹介者 塚田 海馬  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2017/06/02