日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 188件]
  • (19-001)

    DNA修復因子APE1欠損マウスの脳神経系における機能解析

    Apurinic endonuclease-1 preserves neural genome integrity to maintain homeostasis and thermoregulation and prevent brain tumors

    Dumitrache LC, Shimada M, Downing SM, Kwak DK, Li Y, Illluzzi JL, Russell HR, Wilson DM, McKinnon PJ

    Proc Natl Acad Sci USA. 52: 12285-12294, 2018

    キーワード DNA修復 , APE1 , 脳神経発生
    紹介者 島田 幹男  (東京工業大学 科学技術創成研究院 先導原子力研究所)
      
    更新日 2019/01/08
  • (18-014)

    放射線誘発白血病発症における分子シーケンス解明のためのインビボ前白血病細胞の追跡

    Tracking preleukemic cells in vivo to reveal the sequence of molecular events in radiation leukemogenesis

    Verbiest T, Finnon R, Brown N, Cruz-Garcia L, Finnon P, O'Brien G, Ross E, Bouffler S, Scudamore CL, Badie C.

    Leukemia. 32(6): 1435-1444, 2018

    キーワード マウス , 放射線誘発急性骨髄性白血病(rAML) , 造血系細胞 , Sfpi1遺伝子 , 点突然変異
    紹介者 恵谷 玲央  (大分県立看護科学大学 看護学部 環境保健学研究室)
      
    更新日 2018/12/28
  • (18-013)

    クロマチンリモデリングファクターRSF1はDNA鎖切断時のアポトーシスにおけるp53媒介の転写を制御する

    Chromatin-remodeling factor, RSF1, controls p53-mediated transcription in apoptosis upon DNA strand breaks

    Min S, Kim K, Kim SG, Cho H, Lee Y

    Cell Death Dis. 9: 1079, 2018

    キーワード クロマチンリモデリング , DNA損傷 , ゲノム安定性 , アポトーシス , p53
    紹介者 大泉 昂之  (茨城大学大学院理工学研究科博士前期課程)
      
    更新日 2018/12/28
  • (18-012)

    cox2 遺伝子領域の染色体構造の崩壊によって肺がん細胞の放射線感受性が高まる

    Disruption of chromosomal architecture of cox2 locus sensitizes lung cancer cells to radiotherapy

    Sun Y, Dai H, Chen S, Zhang Y, Wu T, Cao X, Zhao G, Xu A, Wang J, Wu L

    Mol. Ther. 26(10): 2456-2465, 2018

    キーワード 肺がん , 放射線治療 , アスピリン , cox2 , 染色体構造
    紹介者 多賀 正尊  (公益財団法人 放射線影響研究所 分子生物科学部)
      
    更新日 2018/11/22
  • (18-011)

    ParkinとPINK1はSTINGにより誘導される炎症を軽減する

    Parkin and PINK1 mitigate STING-induced inflammation

    Sliter DA, Martinez J, Hao L, Chen X, Sun N, Fischer TD, Burman JL, Li Y, Zhang Z, Narendra DP, Cai H, Borsche M, Klein C, Youle RJ

    Nature 561(7722): 258-262, 2018

    キーワード マイトファジー , inflammation , cGAS-STING
    紹介者 笹谷 めぐみ  (広島大学原爆放射線医科学研究所)
      
    更新日 2018/11/22
  • (18-010)

    DNA修復プロセスはp53依存的な腫瘍抑制機構における重要なメディエーターである

    DNA repair processes are critical mediators of p53-dependent tumor suppression.

    Janic A, Valente LJ, Wakefield MJ, Di Stefano L, Milla L, Wilcox S, Yang H, Tai L, Vandenberg CJ, Kueh AJ, Mizutani S, Brennan MS, Schenk RL, Lindqvist LM, Papenfuss AT, O'Connor L, Strasser A, Herold MJ

    Nat. Med. 24(7): 947-953, 2018

    キーワード p53 , DNA損傷修復遺伝子 , 発がん , リンパ腫/白血病
    紹介者 砂押 正章  (国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所放射線影響研究部)
      
    更新日 2018/10/29
  • (18-009)

    ヒト及び動物モデルの線量応答解析に基づく複合放射線場の光子等効果線量:頭頸部がんホウ素中性子捕捉療法への臨床応用

    Photon iso-effective dose for cancer treatment with mixed field radiation based on dose-response assessment from human and an animal model: clinical application to boron neutron capture therapy for head and neck cancer

    González SJ, Pozzi ECC, Monti Hughes A, Provenzano L, Koivunoro H, Carando DG, Thorp SI, Casal MR, Bortolussi S, Trivillin VA, Garabalino MA, Curotto P, Heber EM, Santa Cruz GA, Kankaanranta L, Joensuu H, Schwint AE

    Phys. Med. Biol. 62: 7938-7958, 2017

    キーワード Boron neutron capture therapy , Photon iso-effective dose , Treatment planning , TCP , NTCP
    紹介者 佐藤 達彦  (日本原子力研究開発機構)
      
    更新日 2018/10/29
  • (18-008)

    クロマチンリモデリング因子CHD1のN末端のモチーフはDNA損傷シグナルの初期応答に必要である

    Human CHD1 is required for early DNA-damage signaling and is uniquely regulated by its N terminus

    Zhou J, Li J, Serafim RB, Ketchum S, Ferreira CG, Liu JC, Coe KA, Prrice BD, Yusufzai T

    Nucleic Acids Res., 46(8): 3891–3905, 2018

    キーワード CHD1 , CHD2 , DNA損傷修復 , CtIP , γH2AX
    紹介者 香川 望  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2018/08/27
  • (18-007)

    炭素イオンビーム照射したモデル植物シロイヌナズナにおける突然変異の全ゲノム解析

    Identification of substitutions and small insertion-deletions induced by carbon-ion beam irradiation in Arabidopsis thaliana

    Du Y, Luo S, Li X, Yang J, Cui T, Li W, Yu L, Feng H, Chen Y, Mu J, Chen X, Shu Q, Guo T, Luo W, Zhou L

    Front. Plant Sci. 8: 1851, 2017

    キーワード イオンビーム育種 , 炭素線 , シロイヌナズナ , 突然変異 , 次世代シーケンサー
    紹介者 横田 裕一郎  (量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所放射線生物応用研究部)
      
    更新日 2018/03/15
  • (18-006)

    マウスのOsteomacは巨核球や骨芽細胞と協調して造血幹細胞の制御にあたる

    Osteomacs interact with megakaryocytes and osteoblasts to regulate murine hematopoietic stem cell function.

    Safa F. Mohamad, Linlin Xu, Joydeep Ghosh, Paul J. Childress, Irushi Abeysekera, Evan R. Himes, Hao Wu, Marta B. Alvarez, Korbin M. Davis, Alexandra Aguilar-Perez, Jung Min Hong, Angela Bruzzaniti, Melissa A. Kacena and Edward F. Srour

    Blood Adv. 1(26): 2520-2528, 2017

    キーワード 造血幹細胞 , 骨芽細胞性ニッチ , Osteomac , 巨核球 , 骨芽細胞
    紹介者 廣内 篤久  (環境科学技術研究所生物影響研究部)
      
    更新日 2018/03/01