日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 197件]
  • (19-010)

    非ヒト霊長類モデルにおける不均一電離放射線照射の血液学的影響

    Hematological Effects of Non-Homogenous Ionizing Radiation Exposure in a Non-Human Primate Model

    Jackson IL, Gibbs A, Poirier Y, Wathen L, Eley J, Draeger E, Gopalakrishnan M, Benjamin B, Vujaskovic Z.

    Radiat Res. 2019 Mar 14(in printing)

    キーワード Hematology , non-homogenous ionizing radiation exposure , non-human primate
    紹介者 三浦 富智  (弘前大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2019/04/23
  • (19-009)

    PTENはNHEJ 1/ XLFのエピジェネティックな発現調節によって非相同末端結合を制御する

    PTEN Regulates Nonhomologous End Joining By Epigenetic Induction of NHEJ1/XLF

    Sulkowski L, Scanlon E, Oeck S, Glazer M

    Mol Cancer Res. 16(8):1241-1254, 2018

    キーワード NHEJ , PTEN , XLF , PCAF , CBP
    紹介者 吉田 和起  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2019/04/23
  • (19-008)

    MDC1-TOPBP1による有糸分裂期細胞の染色体安定性維持機構

    MDC1 Interacts with TOPBP1 to Maintain Chromosomal Stability during Mitosis

    Leimbacher PA., Jones SE., Shorrocks AMK., Zompit MM., Day M., Blaauwendraad J., Bundschuh D., Bonham S., Fischer R., Fink D., Kessler BM., Oliver AW., Pearl LH., Blackford AN., Stucki M.

    Mol Cell, 74: 1-13, 2019

    キーワード 染色体安定性 , 有糸分裂 , MDC1 , TOPBP1 , DNA二本鎖切断
    紹介者 塚田 海馬  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2019/04/23
  • (19-007)

    3,3'-ジインドリルメタンによる腹部照射により誘導されるマウス腸管障害の改善

    Amelioration of whole abdominal irradiation-induced intestinal injury in mice with 3,3'-Diindolylmethane (DIM)

    Lu L, Jiang M, Zhu C, He J, Fan S

    Free Radical Bio. Med. 130: 244–255, 2019

    キーワード 腸管障害 , 3,3'-ジインドリルメタン , 酸化ストレス , Nrf2 , Lgr5
    紹介者 片岡 隆浩  (岡山大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2019/03/29
  • (19-006)

    UBQLN4は悪性腫瘍で過剰発現しており、相同組換えによる修復が抑制されている

    UBQLN4 Represses Homologous Recombination and Is Overexpressed in Aggressive Tumors

    Jachimowicz RD, Beleggia F, Isensee J, Velpula BB, Goergens J, Bustos MA, Doll MA, Shenoy A, Checa-Rodriguez C, Wiederstein JL, Baranes-Bachar K, Bartenhagen C, Hertwig F, Teper N, Nishi T, Schmitt A, Distelmaier F, Lüdecke HJ, Albrecht B, Krüger M, Schumacher B, Geiger T, Hoon DSB, Huertas P, Fischer M, Hucho T, Peifer M, Ziv Y, Reinhardt HC, Wieczorek D, Shiloh Y

    Cell. 176(3): 505-519, 2019

    キーワード DNA二本鎖切断修復 , 非相同末端結合 , 相同組換え , UBQLN4 , 分子標的治療
    紹介者 磯野 真由  (長崎大学原爆後障害医療研究所放射線災害医療研究分野)
      
    更新日 2019/03/05
  • (19-005)

    照射をうけた腫瘍細胞および組織において、Integrinα6β4-Src-AKTシグナル経路はアポトーシスを抑制し細胞老化を誘導する。

    Integrin alpha6 beta4-Src-AKT signaling induces cellular senescence by counteracting apoptosis in irradiated tumor cells and tissues

    Jung SH, Lee M, Park HA, Lee HC, Kang D, Hwang HJ, Park C, Yu DM, Jung YR, Hong MN, Kim YN, Park HJ, Ko YG, Lee JS

    Cell Death Differ. 26:245–259, 2019

    キーワード 細胞老化 , アポトーシス , インテグリン , p53 , p21
    紹介者 房 知輝  (北海道大学大学院獣医学院放射線学教室)
      
    更新日 2019/03/05
  • (19-004)

    書評:増補改訂版 考証 福島原子力事故 炉心溶融・水素爆発はどう起こったか

    -

    石川迪夫

    総頁数:384ページ (本体3,000円+税)、2018年3月発行、日本電気協会新聞部

    紹介者 小野 哲也  (環境科学技術研究所)
      
    更新日 2019/02/08
  • (19-003)

    初期英セラフィールド作業者における職務−曝露マトリックス(JEM)の構築、検証、感度解析

    Construction, Validation and Sensitivity Analyses of a Job Exposure Matrix for Early Plutonium Workers at the Sellafield Nuclear Site, United Kingdom

    de Vocht F, Riddell A, Wakeford R, Liu H, MacGregor D, Wilson C, Peace M, O'Hagan J, Agius R

    Radiat Res. 191(1): 60-66, 2019

    キーワード epidemiology , internal exposure , Sellafield Nuclear Site , Plutonium , Job Exposure Matrix
    紹介者 廣田 誠子  (広島大学原爆放射線医科学研究所)
      
    更新日 2019/02/01
  • (19-002)

    細胞周期可視化技術Fucciの多様的進展 

    Genetically Encoded Tools for Optical Dissection of the Mammalian Cell Cycle.

    Sakaue-Sawano A, Yo M, Komatsu N, Hiratsuka T, Kogure T, Hoshida T, Goshima N, Matsuda M, Miyoshi H, Miyawaki A

    Mol Cell. 68: 626-640, 2017

    キーワード Cell cycle , Fucci , UV , イメージング
    紹介者 阪上‐沢野 朝子  (理化学研究所脳神経科学研究センター)
      
    更新日 2019/02/01
  • (19-001)

    DNA修復因子APE1欠損マウスの脳神経系における機能解析

    Apurinic endonuclease-1 preserves neural genome integrity to maintain homeostasis and thermoregulation and prevent brain tumors

    Dumitrache LC, Shimada M, Downing SM, Kwak DK, Li Y, Illluzzi JL, Russell HR, Wilson DM, McKinnon PJ

    Proc Natl Acad Sci USA. 52: 12285-12294, 2018

    キーワード DNA修復 , APE1 , 脳神経発生
    紹介者 島田 幹男  (東京工業大学科学技術創成研究院先導原子力研究所)
      
    更新日 2019/01/08