日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 183件]
  • (15-011)

    リン酸化/脱リン酸化酵素PNKPは神経発生におけるゲノム安定性に重要である

    Polynucleotide kinase-phosphatase enables neurogenesis via multiple DNA repair pathways to maintain genome stability.

    Shimada M, Dumitrache LC, Russell HR, McKinnon PJ.

    EMBO J. 34, 2465-2480, 2015.

    キーワード 神経発生 , ゲノム安定性 , マウスモデル , DNA修復 , PNKP
    紹介者 島田 幹男  (東京工業大学原子炉工学研究所)
      
    更新日 2015/11/05
  • (15-010)

    Filiaは胎生幹細胞特異的なDNA損傷応答とゲノム安定性の制御因子である

    Filia is an ESC-specific regulator of DNA damage response and safeguards genome stability.

    Zhao B, Zhang WD, Duan YL, Lu YQ, Cun YX, Li CH, Guo K, Nie WH, Li L, Zhang R, Zheng P.

    Cell Stem Cell. 16, 684-698, 2015.

    キーワード ES細胞 , ゲノム安定性 , DNA修復 , 中心体 , Filia
    紹介者 島田 幹男  (東京工業大学原子炉工学研究所)
      
    更新日 2015/11/05
  • (15-009)

    SIRT3の活性化はミトコンドリア機能とがん細胞の放射線抵抗性を増強する

    CDK1-Mediated SIRT3 Activation Enhances Mitochondrial Function and Tumor Radioresistance

    Liu R, Fan M, Candas D, Qin L, Zhang X, Eldridge A, Zou JX, Zhang T, Juma S, Jin C, Li RF, Perks J, Sun LQ, Vaughan AT, Hai CX, Gius DR, Li JJ.

    Mol Cancer Ther. 14, 2090-2102, 2015.

    キーワード ミトコンドリア , 放射線抵抗性 , SIRT3 , 脱アセチル化
    紹介者 小橋川 新子  (大分大学医学部)
      
    更新日 2015/10/29
  • (15-008)

    TIGARはペントースリン酸回路とCdk5-ATM経路を介してDNA損傷を軽減する

    TIGAR regulates DNA damage and repair through pentosephosphate pathway and Cdk5-ATM pathway.

    Yu HP, Xie JM, Li B, Sun YH, Gao QG, Ding ZH, Wu HR, Qin ZH.

    Sci Rep. 5:9853. 2015.

    キーワード TIGAR , DNA損傷 , ペントースリン酸回路 , Cdk5 , ATM
    紹介者 新谷  尭  (京都大学大学院医学研究科放射線腫瘍学画像応用治療学)
      
    更新日 2015/09/18
  • (15-007)

    hnRNPUL1のアルギニンメチル化はNBS1との結合とDNA損傷部位へのリクルートメントを制御する

    Arginine methylation of hnRNPUL1 regulates interaction with NBS1 and recruitment to sites of DNA damage

    Gurunathan G, Yu Z, Coulombe Y, Masson JY, Richard S

    Sci Rep. 5,10475, 2015.

    キーワード アルギニンメチル化 , DNA損傷 , NBS1 , hnRNPUL1 , PRMT1
    紹介者 小林 純也  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2015/09/07
  • (15-006)

    低酸素誘導されたp53はAKTを介してアポトーシスと放射線感受性を調節する

    Hypoxia-induced p53 modulates both apoptosis and radiosensitivity via AKT

    Leszczynska KB, Foskolou IP, Abraham AG, Anbalagan S, Tellier C, Haider S, Span PN, O'Neill EE, Buffa FM, Hammond EM.

    J Clin Invest. 125, 2385-2398, 2015.

    キーワード p53 , AKT , radiosensitivity
    紹介者 後藤 容子  (京都大学大学院医学研究科 放射線腫瘍学 画像応用治療学)
      
    更新日 2015/09/01
  • (15-005)

    ウェルナー症候群幹細胞モデルがヘテロクロマチンの変化とヒトの加齢との関係を解き明かした

    A Werner syndrome stem cell model unveils heterochromatin alterations as a driver of human aging

    Zhang W, Li J, Suzuki K, Qu J, Wang P, Zhou J, Liu X, Ren R, Xu X, Ocampo A, Yuan T, Yang J, Li Y, Shi L, Guan D, Pan H, Duan S, Ding Z, Li M, Yi F, Bai R, Wang Y, Chen C, Yang F, Li X, Wang Z, Aizawa E, Goebl A, Soligalla RD, Reddy P, Esteban CR, Tang F, Liu GH, Belmonte JC.

    Science, 348, 1160-1163, 2015.

    キーワード ウェルナー症候群 , 早老症 , WRN , ヘテロクロマチン , ヒストンH3メチル化
    紹介者 小林 純也  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2015/07/08
  • (15-004)

    システムズバイオロジーによる幹細胞探し:乳腺幹細胞はどこにあるのか?

    Models of Breast Morphogenesis Based on Localization of Stem Cells in the Developing Mammary Lobule

    Honeth G, Schiavinotto T, Vaggi F, Marlow R, Kanno T, Shinomiya I, Lombardi S, Buchupalli B, Graham R, Gazinska P, Ramalingam V, Burchell J, Purushotham AD, Pinder SE, Csikasz-Nagy A, Dontu G.

    Stem Cell Reports, 4, 699-711, 2015

    キーワード 幹細胞 , システムズバイオロジー , 乳腺
    紹介者 今岡 達彦  (放射線医学総合研究所)
      
    更新日 2015/07/08
  • (15-003)

    Chk1はDNA損傷に応答して、シャペロン依存性オートファジーにより分解制御される

    Regulated degradation of Chk1 by chaperone-mediated autophagy in response to DNA damage

    Park C, Suh Y, Cuervo AM

    Nat Commun. 6, e6823, 2015

    キーワード CMA , オートファジー , Chk1 , NBS1 , DNA損傷
    紹介者 小林 純也  (京都大学放射線生物研究センター)
      
    更新日 2015/05/21
  • (15-002)

    中心体過剰複製に起因する細胞浸潤のがん遺伝子様誘導

    Oncogene-like induction of cellular invasion from centrosome amplification.

    Godinho SA, Picone R, Burute M, Dagher R, Su Y, Leung CT, Polyak K, Brugge JS, Théry M, Pellman D

    Nature. 510, 167-171, 2014

    キーワード 中心体過剰複製 , がん , 浸潤 , 染色体異数性
    紹介者 島田 幹男  (東京工業大学原子炉工学研究所)
      
    更新日 2015/05/21