日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 185件]
  • (17-003)

    抗マラリア薬アトバコンは腫瘍内低酸素を軽減することで放射線感受性を上昇させる

    The anti-malarial atovaquone increases radiosensitivity by alleviating tumour hypoxia.

    Ashton TM, Fokas E, Kunz-Schughart LA, Folkes LK, Anbalagan S, Huether M, Kelly CJ, Pirovano G, Buffa FM, Hammond EM, Stratford M, Muschel RJ, Higgins GS, McKenna WG.

    Nat. Commun. 7: 12308, 2016

    キーワード 低酸素 , 放射線増感 , 酸素消費速度
    紹介者 中島 良太  (京都大学放射線生物研究センターゲノム動態研究部門がん細胞生物学)
      
    更新日 2017/01/04
  • (17-002)

    ヒストンバリアントH2A.Xは上皮間葉転換の制御因子である

    The histone variant H2A.X is a regulator of the epithelial-mesenchymal transition

    Weyemi U, Redon CE, Choudhuri R, Aziz T, Maeda D, Boufraqech M, Parekh PR, Sethi TK, Kasoji M, Abrams N, Merchant A, Rajapakse VN, Bonner WM

    Nat. Commun. 7: 10711, 2016

    キーワード 上皮間葉転換 , H2AX , Slug , ZEB1
    紹介者 石原 将治  (茨城大学理工学研究科)
      
    更新日 2017/01/04
  • (17-001)

    DNAを検知するAIM2インフラマソームによる放射線誘発細胞死と組織障害の制御

    The DNA-sensing AIM2 inflammasome controls radiation-induced cell death and tissue injury

    Hu B, Jin C, Li HB, Tong J, Ouyang X, Cetinbas NM, Zhu S, Strowig T, Lam FC, Zhao C, Henao-Mejia J, Yilmaz O, Fitzgerald KA, Eisenbarth SC, Elinav E, Flavell RA.

    Science 354: 765-768, 2016

    キーワード インフラマソーム , AIM2 , 放射線誘発細胞死 , 骨髄死 , 腸死
    紹介者 香取 就美  (京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程、放射線生物研究センター晩発効果部門)
      
    更新日 2017/01/04
  • (16-006)

    協調的なヌクレアーゼ活性はsingle-endのDNA二重鎖切断部位でKuの存在を打ち消す

    Coordinated nuclease activities counteract Ku at single-ended DNA double-strand breaks

    Chanut P, Britton S, Coates J, Jackson SP, Calsou P

    Nat Commun. 7: 12889, 2016

    キーワード single-ended DSB , 相同組換え , Ku , CtIP , MRE11
    紹介者 坂本 裕貴  (茨城大学大学院理工学研究科田内広研究室)
      
    更新日 2016/12/15
  • (16-005)

    3次元工学腫瘍モデルを用いた低酸素勾配における細胞代謝と表現型の空間的スナップショット解析

    A three-dimensional engineered tumour for spatial snapshot analysis of cell metabolism and phenotype in hypoxic gradients

    Rodenhizer D, Gaude E, Cojocari D, Mahadevan R, Frezza C, Wouters BG, McGuigan AP.

    Nat Mater 15:227–234, 2016

    キーワード 低酸素 , 3次元腫瘍モデル , 放射線感受性 , 代謝応答 , メタボローム解析
    紹介者 安井 博宣  (北海道大学アイソトープ総合センター)
      
    更新日 2016/12/15
  • (16-004)

    二次がんにおける電離放射線の変異シグネチャー

    Mutational signatures of ionizing radiation in second malignancies

    Behjati S, Gundem G, Wedge DG, Roberts ND, Tarpey PS, Cooke SL, Loo PV, Alexandrov LB, Ramakrishna M, Davies H, Nik-Zainal S, Hardy C, Latimer C, Raine KM, Stebbings L, Menzies A, Jones D, Shepherd R, Butler AP, Teague JW, Jorgensen M, Khatri B, Pillay N, Shlien A, Futreal PA, Badie C, ICGC Prostate Group, McDermott U, Bova GS, Richardson AL, Flanagan AM, Stratton MR, Campbell PJ.

    Nat Commun. 7:12605, 2016

    キーワード 変異シグネチャー , 次世代シークエンス解析 , 体細胞変異
    紹介者 中山 貴文  (量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所放射線影響研究部、茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2016/11/18
  • (16-003)

    食事制限が老化とゲノムストレスに与える影響を考察する

    Restricted diet delays accelerated ageing and genomic stress in DNA-repair-deficient mice.

    Vermeij WP, Dollé ME, Reiling E, Jaarsma D, Payan-Gomez C, Bombardieri CR, Wu H, Roks AJ, Botter SM, van der Eerden BC, Youssef SA, Kuiper RV, Nagarajah B, van Oostrom CT, Brandt RM, Barnhoorn S, Imholz S, Pennings JL, de Bruin A, Gyenis Á, Pothof J, Vijg J, van Steeg H, Hoeijmakers JH.

    Nature. 537(7620):427-431, 2016

    キーワード 食事制限 , カロリー制限 , 老化 , ゲノムストレス , DNA修復
    紹介者 島田 幹男  (東京工業大学科学技術創成研究院先導原子力研究所)
      
    更新日 2016/11/18
  • (16-002)

    書評:放射線と免疫・ストレス・がん

    佐渡敏彦

    総頁数:530頁(本体5,500円)、2015 年12 月、医療科学社

    キーワード 放射線影響 , 免疫システム , ストレス , がん誘発 , 低線量放射線
    紹介者 小野 哲也  (環境科学技術研究所)
      
    更新日 2016/06/30
  • (16-001)

    コケイン症候群で欠損しているタンパク質のDNA障害応答を制御する要因の解析

    Elements that Regulate the DNA Damage Response of Proteins Defective in Cockayne Syndrom

    Iyama T, Wilson III DM

    J. Mol. Biol. 428, 62-78, 2016

    キーワード Cockayne syndrome , CSA/ERCC8 , CSB/ERCC6 , DNA damage response , DNA Repair
    紹介者 猪山 輝昭  (National Institute on Aging)
      
    更新日 2016/04/07
  • (15-014)

    G1期に相同組換えを抑制するメカニズム

    A mechanism for the suppression of homologous recombination in G1 cells

    Orthwein A, Noordermeer SM, Wilson MD, Landry S, Enchev RI, Sherker A, Munro M, Pinder J, Salsman J, Dellaire G, Xia B, Peter M & Durocher D

    Nature in press, 2015.

    キーワード 相同組換え , G1期 , BRCA1-PALB2-BRCA2複合体 , USP11 , Cullin E3 ligase family
    紹介者 安原 崇哲  (東京大学医学系研究科)
      
    更新日 2015/12/16