日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 227件]
  • (18-004)

    書評:エネルギーの視点から見た放射線 〜強(こわ)くて、恐(こわ)いけど、怖(こわ)くない

    -

    田辺 哲朗

    総頁数:178ページ (本体2,700円+税)、2018年1月25日、九州大学出版会

    紹介者 廣内 篤久  (環境科学技術研究所生物影響研究部)
    横田 裕一郎  (量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所)
    更新日 2018/03/01
  • (18-003)

    miR-139-5pは乳癌の放射線療法に対する抵抗性を調節する

    miR-139-5p Modulates Radiotherapy Resistance in Breast Cancer by Repressing Multiple Gene Networks of DNA Repair and ROS Defense

    Pajic M, Froio D, Daly S, Doculara L, Millar E, Graham PH, Drury A, Steinmann A, de Bock CE, Boulghourjian A, Zaratzian A, Carroll S, Toohey J, O'Toole SA, Harris AL, Buffa FM, Gee HE, Hollway GE, Molloy TJ

    Cancer Res. 78(2):501-515, 2018

    キーワード miRNA , breast cancer , radiotherapy resistance
    紹介者 河村 香寿美  (京都大学人間・環境学研究科、放射線生物研究センターゲノム動態研究部門)
      
    更新日 2018/01/29
  • (18-002)

    放射線治療においてAkt阻害はアジュバント(効果補強剤)として腫瘍形成を制御する

    Akt inhibition improves long-term tumour control following radiotherapy by altering the microenvironment.

    Searle EJ, Telfer BA, Mukherjee D, Forster DM, Davies BR, Williams KJ, Stratford IJ, Illidge TM.

    EMBO Mol Med. 9(12):1646-1659, 2017

    キーワード 放射線がん治療 , アジュバント , Akt阻害
    紹介者 島田 幹男  (東京工業大学科学技術創成研究院先導原子力研究所)
      
    更新日 2018/01/11
  • (18-001)

    ZSCAN10の発現によって高齢ドナー由来iPS細胞のゲノム安定性が回復する

    ZSCAN10 expression corrects the genomic instability of iPSCs from aged donors

    Skamagki M, Correia C, Yeung P, Baslan T, Beck S, Zhang C, Ross CA, Dang L, Liu Z, Giunta S, Chang TP, Wang J, Ananthanarayanan A, Bohndorf M, Bosbach B, Adjaye J, Funabiki F, Kim J, Lowe S, Collins JJ, Lu CW, Li H, Zhao R, Kim K

    Nat. Cell Biol. 19(9):1037-1064, 2017

    キーワード iPS細胞 , 老化 , DNA損傷修復 , ゲノム安定性 , ZSCAN10
    紹介者 三宅 智子  (東京工業大学大学院総合理工学研究科創造エネルギー専攻)
      
    更新日 2018/01/11
  • (17-021)

    DNA損傷応答が成体の休止期神経幹細胞の活性化を促進する

    A coordinated DNA damage response promotes adult quiescent neural stem cell activation

    Barazzuol L, Ju L, Jeggo PA.

    PLoS Biol. 15(5): e2001264, 2017

    キーワード DNA損傷応答(DDR) , 神経幹細胞(NSC) , 休眠神経幹細胞(qNSC) , 神経前駆細胞(Ps) , 脳室下帯(SVZ)
    紹介者 土屋 尚代  (東京工業大学環境・社会理工学院融合理工学系原子核工学コース)
      
    更新日 2017/12/11
  • (17-020)

    PAFはグリオーマ幹細胞の幹細胞性と放射線抵抗性を促進する

    PAF promotes stemness and radioresistance of glioma stem cells

    Ong DST, Hu B, Ho YW, Sauvé CG, Bristow CA, Wang Q, Multani AS, Chen P, Nezi L, Jiang S, Gorman CE, Monasterio MM, Koul D, Marchesini M, Colla S, Jin EJ, Sulman EP, Spring DJ, Yung WA, Verhaak RGW, Chin L, Wang YA, DePinho RA.

    Proc Natl Acad Sci U S A. 114(43): E9086-9095, 2017

    キーワード DNA translesion synthesis , glioma stem cells , self-renewal
    紹介者 孫 略  (筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センター)
      
    更新日 2017/12/01
  • (17-019)

    小児がんの放射線治療後に生じた髄膜腫における NF2 遺伝子の構造異常

    Therapeutic radiation for childhood cancer drives structural aberrations of NF2 in meningiomas

    Agnihotri S, Suppiah S, Tonge PD, Jalali S, Danesh A, Bruce JP, Mamatjan Y, Klironomos G, Gonen L, Au K, Mansouri S, Karimi S, Sahm F, von Deimling A, Taylor MD, Laperriere NJ, Pugh TJ, Aldape KD, Zadeh G

    Nat. Commun. 8:186, 2017

    キーワード 小児がん , 放射線治療 , 髄膜腫 , NF2 , 遺伝子再配列
    紹介者 多賀 正尊  (公益財団法人放射線影響研究所分子生物科学部)
      
    更新日 2017/11/06
  • (17-018)

    ミスマッチ修復タンパク質は炎症誘発腫瘍形成中にエピジェネティックな変化を開始する

    Mismatch Repair Proteins Initiate Epigenetic Alterations during Inflammation-Driven Tumorigenesis

    Maiuri AR, Peng M, Sriramkumar S, Kamplain CM, DeStefano Shields CE, SearsCL, O'Hagan HM

    Cancer Res., 77: 3467: 2017

    キーワード mismatch repair , MSH2 , hypermthylation , inflammation , epigenetic
    紹介者 神代 紗央理  (茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2017/09/25
  • (17-017)

    放射線抵抗性癌細胞のNF-κB依存的な生存優位性とクローン増殖における細胞間および細胞内メカニズム

    Inter- and intra-cellular mechanism of NF-kB-dependent survival advantage and clanal expansion of radio-resistant cancer cells

    Yu H, Aravindan N, Xu J, Natarajan M

    Cell. Signal. 31, 105-111, 2017

    キーワード NF-κB , フィードバックシグナル伝達 , 乳がん , 腫瘍再発 , Non-targeted effect
    紹介者 長島 明輝  (茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2017/09/25
  • (17-016)

    137Csによる放射線被ばくと汚染レベルを評価するためのマウスモデルを用いたリンパ球の細胞遺伝学的解析

    A mouse model of cytogenetic analysis to evaluate caesium137 radiation dose exposure and contamination level in lymphocytes

    Roch-Lefevre S, Martin-Bodiot C, Gregoire E, Desbree A, Roy L, Barquinero JF.

    Radiat Environ Biophys 55(1):61-70, 2016

    キーワード マウス , 染色体異常 , 低線量(率)被ばく , 137Cs 汚染
    紹介者 藤嶋 洋平  (弘前大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2017/08/31