日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 181件]
  • (17-009)

    腫瘍随伴マクロファージはインターロイキン6受容体を介したシグナルを通して腫瘍細胞を低酸素の微小環境に対して抵抗性にする

    Tumor associated macrophages provide the survival resistance of tumor cells to hypoxic microenvironmental condition through IL-6receptor-mediated signals

    Jeong SK, Kim JS, Lee CG, Park YS, Kim SD, Yoon SO, Han DH, Lee KY, Jeong MH, Jo WS

    Immunobiology. 222:55-65, 2017

    キーワード Tumor-associated macrophages , Hypoxia , Tumor microenvironment , IL-6R , STAT3
    紹介者 玉利 勇樹  (京都大学原子炉実験所粒子線腫瘍学研究センター)
      
    更新日 2017/04/11
  • (17-008)

    近接する細胞にptpn11活性型変異が生じると、正常型の造血幹細胞であっても白血病幹細胞へと誘導される

    Leukaemogenic effects of Ptpn11 activating mutations in the stem cell microenvironment

    Dong L, Yu W, Zheng H, Loh ML, Bunting ST, Pauly M, Huang G, Zhou M, Broxmeyer HE, Scadden DT, Qu C

    Nature. 539: 304-308, 2016

    キーワード 白血病 , 発がん , 微小環境 , 細胞間相互作用 , 造血
    紹介者 廣内 篤久  (環境科学技術研究所生物影響研究部)
      
    更新日 2017/03/16
  • (17-007)

    LIMタンパク質競合ペプチドによる腫瘍のG2/Mアレスト抑制と放射線増感

    A signature motif in LIM proteins mediates binding to checkpoint proteins and increases tumour radiosensitivity

    Xu X, Fan Z, Liang C, Li L, Wang L, Liang Y, Wu J, Chang S, Yan Z, Lv Z, Fu J, Liu Y, Jin S, Wang T, Hong T, Dong Y, Ding L, Cheng L, Liu R, Fu S, Jiao S, Ye Q

    Nat. Commun. 8: 14059, 2017

    キーワード G2/Mアレスト , 放射線増感 , LIM , FHL1
    紹介者 横田 裕一郎  (量子科学技術研究開発機構高崎量子応用研究所放射線生物応用研究部)
      
    更新日 2017/03/16
  • (17-006)

    単一細胞における合成情報の記録と系譜情報のin situ読出し

    Synthetic recording and in situ readout of lineage information in single cells

    Frieda KL, Linton JM, Hormoz S, Choi J, Chow KK, Singer ZS, Budde MW, Elowitz MB, Cai L

    Nature 541: 107-111, 2017

    キーワード in situ readout , single cell , lineage information
    紹介者 神長 輝一  (国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構量子ビーム科学研究部門放射場生体分子科学研究プロジェクト、茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2017/02/20
  • (17-005)

    DNA依存的なメタロプロテアーゼSPRTNによるDNA蛋白質架橋の機構と制御

    Mechanism and Regulation of DNA-Protein Crosslink Repair by the DNA-Dependent Metalloprotease SPRTN

    Stingele J, Bellelli R, Alte F, Hewitt G, Sarek G, Maslen SL, Tsutakawa SE, Borg A, Kjaer S, Tainer JA, Skehel JM, Groll M, Boulton SJ

    Mol. Cell 64:688-703, 2016

    キーワード DNA蛋白質架橋 , DNA修復 , DVC1 , ホルムアルデヒド , 肝細胞がん
    紹介者 有澤 彩也香  (京都大学人間・環境学研究科修士課程、放射線生物研究センター晩発効果部門)
      
    更新日 2017/02/06
  • (17-004)

    ラドンがラット赤色骨髄に及ぼす生物学的線量推定のためのγ-H2AXフォーカスに基づく分析法の確立

    Establishment of gamma-H2AX foci-based assay to determine biological dose of radon to red bone marrow in rats

    Wang J., He L., Fan D., Ding D., Wang X., Gao Y., Zhang X., Li Q., Chen, H

    Sci. Rep. 6: 30018, 2016

    キーワード ラドン , γ-H2AX , DNA損傷 , 赤色骨髄
    紹介者 神﨑 訓枝  (岡山大学大学院保健学研究科)
      
    更新日 2017/02/06
  • (17-003)

    抗マラリア薬アトバコンは腫瘍内低酸素を軽減することで放射線感受性を上昇させる

    The anti-malarial atovaquone increases radiosensitivity by alleviating tumour hypoxia.

    Ashton TM, Fokas E, Kunz-Schughart LA, Folkes LK, Anbalagan S, Huether M, Kelly CJ, Pirovano G, Buffa FM, Hammond EM, Stratford M, Muschel RJ, Higgins GS, McKenna WG.

    Nat. Commun. 7: 12308, 2016

    キーワード 低酸素 , 放射線増感 , 酸素消費速度
    紹介者 中島 良太  (京都大学放射線生物研究センターゲノム動態研究部門がん細胞生物学)
      
    更新日 2017/01/04
  • (17-002)

    ヒストンバリアントH2A.Xは上皮間葉転換の制御因子である

    The histone variant H2A.X is a regulator of the epithelial-mesenchymal transition

    Weyemi U, Redon CE, Choudhuri R, Aziz T, Maeda D, Boufraqech M, Parekh PR, Sethi TK, Kasoji M, Abrams N, Merchant A, Rajapakse VN, Bonner WM

    Nat. Commun. 7: 10711, 2016

    キーワード 上皮間葉転換 , H2AX , Slug , ZEB1
    紹介者 石原 将治  (茨城大学理工学研究科)
      
    更新日 2017/01/04
  • (17-001)

    DNAを検知するAIM2インフラマソームによる放射線誘発細胞死と組織障害の制御

    The DNA-sensing AIM2 inflammasome controls radiation-induced cell death and tissue injury

    Hu B, Jin C, Li HB, Tong J, Ouyang X, Cetinbas NM, Zhu S, Strowig T, Lam FC, Zhao C, Henao-Mejia J, Yilmaz O, Fitzgerald KA, Eisenbarth SC, Elinav E, Flavell RA.

    Science 354: 765-768, 2016

    キーワード インフラマソーム , AIM2 , 放射線誘発細胞死 , 骨髄死 , 腸死
    紹介者 香取 就美  (京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程、放射線生物研究センター晩発効果部門)
      
    更新日 2017/01/04
  • (16-006)

    協調的なヌクレアーゼ活性はsingle-endのDNA二重鎖切断部位でKuの存在を打ち消す

    Coordinated nuclease activities counteract Ku at single-ended DNA double-strand breaks

    Chanut P, Britton S, Coates J, Jackson SP, Calsou P

    Nat Commun. 7: 12889, 2016

    キーワード single-ended DSB , 相同組換え , Ku , CtIP , MRE11
    紹介者 坂本 裕貴  (茨城大学大学院理工学研究科田内広研究室)
      
    更新日 2016/12/15