日本放射線影響学会 / THE JAPANESE RADIATION RESEARCH SOCIETY

  • HOME
  • 最新論文情報

最新論文情報

[件数: 230件]
  • (07-002)

    プロアポトーシス蛋白質の阻害とmTORシグナリングを介するがん治療のためのオートファジー

    Autophagy for cancer therapy through inhibition of pro-apoptotic proteins and mammalian target of rapamaycin signaling

    Kim KW, Mutter RW, Cao C, Albert JM, Freeman M, Hallahan DE, Lu B.

    J Biol Chem. 281, 36883-36890, 2006.

    キーワード オートファジー , mTOR , アポトーシス , PTEN , Bax
    紹介者 近藤 隆  (富山大・院医薬研・放射線基礎医学)
      
    更新日 2007/03/06
  • (07-001)

    DNA修復における53BP1およびCrb2のメチル化状態特異的ヒストン認識の構造学的解析

    Structural Basis for the Methylation State-Specific Recognition of Histone H4-K20 by 53BP1 and Crb2 in DNA Repair

    Botuyan MV, Lee J, Ward IM, Kim J, Thompson JR, Chen J, Mer G.

    Cell, 127, 1361-573, 2006.

    キーワード クロマチン , ヒストン , メチル化 , DNA損傷 , 53BP1
    紹介者 鈴木 啓司  (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
      
    更新日 2007/03/06
  • (06-006)

    ATMとp53をつなぐ新たな役者:COP1

    ATM engages autodegradation of the E3 ubiquitin ligase COP1 after DNA damage

    Dornan D, Shimizu H, Mah A, Dudhela T, Eby M, O'rourke K, Seshagiri S, Dixit VM.

    Science, 313, 1122-1126, 2006.

    キーワード RING , ユビキチン化 , p53 , DNA損傷 , ATM
    紹介者 松本 義久  (東大・院医・疾患生命・放射線)
      
    更新日 2006/01/01
  • (06-005)

    ミスマッチ修復:MutLの隠れた本性

    Endonucleolytic Function of MutLa in Human Mismatch Repair

    Kadyrov FA, Dzantiev L, Constantin N, Modrich P.

    Cell 126, 297-308, 2006.

    キーワード ミスマッチ修復 , PCNA , RFC , DNA複製 , MutS
    紹介者 増田 雄司  (広島大学原医研)
      
    更新日 2006/01/01
  • (06-004)

    X線照射マウスのT細胞抗原受容体(TCR)変異細胞の遅延性発現は、p53遺伝子型に依存する

    The Delayed Manifestation of T-cell Receptor(TCR) Variants in X-irradiated Mice Depends on P53 Status

    Igari K, Igari Y, Okazaki R, Kato F, Ootsuyama A, Norimura T.

    Radiat Res. 16, 55-60, 2006.

    キーワード p53 , アポトーシス , TCR , DNA損傷 , 低線量放射線
    紹介者 岡﨑 龍史  (産業医科大学医学部放射線衛生学)
      
    更新日 2006/01/01
  • (06-003)

    DNAとMre11-Rad50-Nbs1複合体によるATM活性化の2つのステップ

    Two-step activation of ATM by DNA and the Mre11-Rad50-Nbs1 complex.

    Dupre A, Boyer-Chatenet L, Gautier J.

    Nat Struct Mol Biol. 13, 451-457, 2006.

    キーワード DNA二重鎖切断 , AT , DSB , DNA損傷 , 細胞周期チェックポイント
    紹介者 飯島 健太  (茨城大学大学院理工学研究科)
      
    更新日 2006/01/01
  • (06-002)

    骨髄由来細胞は小腸の正常及び形質転換した幹細胞と融合する

    Bone marrow-derived cells fuse with normal and transformed intestinal stem cells

    Rizvi AZ, Swain JR, Davies PS, Bailey AS, Decker AD, Willenbring H, Grompe M, Fleming WH, Wong MH.

    Proc Natl Acad Sci U S A, 103, 6321-6325, 2006.

    キーワード 幹細胞 , BMDCs , 癌幹細胞 , 腫瘍 , 上皮細胞癌
    紹介者 桑原 義和  (東北大学 加齢医学研究所 病態臓器構築研究分野)
      
    更新日 2006/01/01
  • (06-001)

    新たに発見されたDNA二重鎖切断修復の必須因子XLF/Cernnunos

    XRCC4-DNA ligase IV complex to promote DNA nonhomologous end-joining.

    Ahnesorg P, Smith P, Jackson SP.

    Cell 124, 301-313, 2006.

    キーワード DNA損傷 , NHEJ , Cernunnos , 免疫不全 , V(D)J
    紹介者 松本 義久  (東京大学大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター放射線研究領域)
      
    更新日 2006/01/01
  • (05-006)

    低線量の事前被ばくによる適応応答:X線誘発DNA損傷の調節か修復活性化か?

    Pre-exposure to low doses: modulation of X-ray induced DNA damage and repair?

    Cramers P, Atanasova P, Vrolijk H, Darroudi F, van Zeeland AA, Huiskamp R, Mullenders LH and Kleinjans CS.

    Radiat Res. 64(4 Pt 1), 383-390, 2005.

    キーワード 低線量放射線 , 適応応答 , γH2AX , 酸化ストレス , DNA損傷
    紹介者 大塚 健介  (電力中央研究所・原子力技術研究所・低線量放射線研究センター)
      
    更新日 2005/01/01
  • (05-005)

    減数分裂期DNA2本鎖切断の修復機構‐Spo11と共有結合したDNA2本鎖切断のエンドヌクレアーゼによるプロセッシング

    Pre-exposure to low doses: modulation of X-ray induced DNA damage and repair?

    Neale MJ, Pan J, Keeney S.

    Nature, 436, 1053-1057, 2005.

    キーワード 減数分裂 , Spo11 , DSB , トポイソメラーゼ , MRE11
    紹介者 冨田 雅典  (電中研、理研)
      
    更新日 2005/01/01